読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prime's diary

そすうの日々を垂れ流しちゃうやつだよ

gccでSIMD命令等のIntrinsicsを使う時のメモ

やりたいこと

  • Intel Intrinsics Guideに載っている組み込み関数を使いたい
  • 具体的には今作っているオセロAIの高速化のため

調べた環境

使い方と注意

  • だいたいの(実際の実行環境で使用出来る)命令の組み込み関数は各関数で指定されたヘッダをincludeし、正しいコンパイルオプション(-march=native -mtune=nativeなど)を与えれば上手く行く
  • 一部の関数(_bswapなど)はx86intirin.hをincludeしないと使えない
    • x86intrin.hはコンパイルオプションに合わせて適切なヘッダを自動的にincludeするのでこれさえincludeしておけばOK
  • 更にごく一部の関数(_bittestなど)はそもそも使えない
  • /usr/lib/gcc/x86_64-unknown-linux-gnu/5.1.0/include以下を検索してなかったらなさそう

まとめ

  • #include <x86intrin.h>
  • それでダメだったらダメ
  • 間違い・環境依存等あるかも